送信ドメイン認証のための5ステップ

送信ドメイン認証のための5ステップ

この記事は How to Authenticate Your Email in 5 Steps の抄訳です。

送信ドメイン認証により、ISP(インターネット接続事業者)は送信者を正しく特定し、メールを配信するかどうかの判断を的確に行うことが可能になります。迷惑メール業者は、信頼された送信元を巧妙に装いメールを送ってくるので、送信ドメイン認証を行うことはメール送信者にとってのベストプラクティスになりつつあります。もしあなたのドメインがフィッシングに利用されてしまったら顧客のパスワードや個人情報の流出にもつながります。

顧客情報を守るだけでなく、送信者としての評判(レピュテーション)を守るためにも、送信ドメイン認証は非常に有効な手段です。とはいえ、その設定は若干トリッキーです。以下の5ステップにしたがってください。

  • 認証にはSPFとDKIMを使用します
    DMARCの登場にともなってこれら二つの手法が標準になりつつあります。それ以外の新しい規格を使用すると、正しく認証されていないとISPに判断される可能性があります。

  • ISPからブロックされるリスクを減らすため、全てのメールストリームで認証をする必要があります。内部、外部に関わらず、送信するメールがたどる経路全てのIPアドレスを整理しましょう
  • SPFDKIMで認証レコードを作成し、公開します
    それぞれ方法が異なるため、詳細はウェブサイトをご覧になるか、下記のURLをご参照ください。

  • 送信するメールにDKIM署名がつくよう設定します
    送信メール全てに署名を正しくつけるために、MTAに適切なソフトウェアを導入する必要があります。詳しくは、こちらをご覧ください。

  • レコードをテストします
    DKIMには2つのテストツールがあります(Policy Record TesterSelector Record Tester)。SPFには様々なテストツールがあり、ウェブサイトでご覧いただけます。

最後に。SendGridにはメール配信のエキスパートがいます。サポートが必要な際はいつでもお問合せください。