AWS Summit Tokyo 2019 & Interop Tokyo 2019参加レポート

AWS Summit Tokyo 2019 & Interop Tokyo 2019参加レポート

SendGridチームで現在OJTをしている新入社員の吉田です。6月12日(水)から14日(金)に幕張メッセで開催されたAWS Summit Tokyo 2019およびInterop Tokyo 2019の初日に参加しましたのでレポートします。

AWS Summit

AWS Summit Tokyoはアマゾンウェブサービス(AWS)ジャパン株式会社が主催する世界最大級のクラウドコンピューティングカンファレンスです。今年はセッションが300を超え、AWSの最新技術を学ぶだけでなく、産学官のあらゆる分野におけるクラウド利活用事例を肌で感じることができます。SendGridはAWSのパートナープログラムAPNに加入するなど、AWSとも深く関わりがあります。今年はSendGridの出展はありませんでしたが、AWSについて知見を広げる目的で参加させていただきました。

会場の様子

恥ずかしながら私はAWSの事前知識をあまり持ち合わせていませんでしたが、初心者向けセッションなども豊富に用意されており、すんなりと内容を理解することができました。初心者向けのセッションはかなり広い会場だったにも関わらず、立ち見の方も大勢いて大盛況でした。AWSに興味はあるけれどクラウドについて知識があまりないという方にとっても気軽に参加できるイベントなのではないでしょうか。

企業や公共機関におけるAWS利用事例のセッションにもいくつか参加し、具体例を通じてAWSのサービスを知ることができました。AWSが提供する価値のひとつは、インフラ基盤の構築や維持にかかるコストを最小化し、本当にやりたいビジネスへの注力を可能にすることだと思います。提供するサービスの違いはあれど、SendGridもメール配信に関わるコストを最小化するという価値を提供している点で、AWSに通じるものがあると感じました。

会場の様子

朝から入場待機列ができるほど。
初めての幕張メッセ開催ということでしたが、会場は大勢の参加者でごった返していました。

私が個人的に一番印象に残っていることは、基調講演でアマゾンウェブサービスジャパン株式会社代表取締役社長の長崎忠雄氏が述べていた、AWSの顧客に向き合う姿勢です。Amazonは「地球上で一番お客様を大切にする企業」という理念の下、顧客体験を一番に考えて絶え間なくサービスの拡充と値下げを行っており、それがさらなる顧客獲得につながっているということでした。

売上が伸びてもなおサービス改善に取り組む姿勢は、サブスクリプション型サービスを提供するSendGridにも共通する使命だと思います。さらに言えば、直接はお会いしないかもしれない顧客のことを考えて行動する姿勢は、自分の所属に関わらず、ひとりの社会人として常に意識していきたいと思いました。

Interop Tokyo 2019

AWS Summit Tokyoと同じ幕張メッセで同時期に開催されたInterop Tokyo 2019は、最新のネットワーク技術や製品が一堂に会した日本最大級のICT展示会です。
ここでは、弊社(構造計画研究所)が開発しているサイバーセキュリティ対策のための組織内ネットワーク可視化ツールが出展されており、その見学などをしました。自分の知らないソリューションがまだたくさんあり、自社の手がけるビジネスの幅広さを実感しました。

Interop Tokyo 2019

さいごに

今回参加してみて、会場の熱気と規模の大きさにただただ驚かされました。クラウドビジネスの最新動向と生きた適用事例に触れることができるよい機会で、私にとっては刺激的なイベントとなりました。流れの速い分野だと思うので、今後も最新のトレンドを注視していきたいです。