SendGrid kintone プラグインを公開しました

kintoneロゴ

はじめに

今回は、サイボウズ株式会社が提供する「kintone」というクラウドベースのアプリケーションプラットフォームからSendGridを経由してメールを送るプラグインをご紹介します。

kintoneを使うとWebアプリケーションを非常に簡単に作ることができます。テンプレートアプリケーションも数多く用意されているので、プログラミングなしで様々なアプリケーション環境を構築できます。

プラグインの概要

このプラグインはkintoneからSendGridを利用するためのものです。kintone上で管理している顧客リストや会員リストなどに対して、メールを一斉送信することができます。

メールのテンプレートはSendGridのWebポータル上で編集します。メール本文に対して宛先ごとに文字の埋め込み(宛名やクーポンコードなど)を行うことができます。

前提条件

このプラグインを利用する前に次のものを用意してください。

  • kintoneのシステム管理権限をもったアカウント
  • SendGridのアカウント

SendGrid kintone プラグインを利用する

STEP1:フォームを設定する
管理者権限でkintoneにログインして、アプリの設定>フォームの編集からアプリのフォームを編集します。

  • フィールドの作成
    メールの宛先および本文内への埋め込みに使用できるのは「文字列(1行)」または「リンク(メールアドレス)」フィールドのみです。
    フィールドの作成
  • 一覧の作成
    メール送信ボタンを表示する一覧画面を作成します。
    一覧の作成

STEP2:アプリにプラグインを追加する

  • kintone SendGridプラグインの読み込み
    パッケージング済みのプラグインファイルをダウンロードして読み込みます。詳しい手順はこちらを参照してください。
    ※GitHubからソースコードを取得してplugin-sdkでパッケージングすることもできます。パッケージングの手順はこちらをご確認ください。
  • アプリへのSendGridプラグインの追加
    アプリの設定>プラグインからSendGridプラグインを追加します。
    アプリへのSendGridプラグインの追加

STEP3:プラグインを設定する

  • API keyの設定
    SendGridのWebポータルでAPI key(Mail SendとTemplate EngineへのFULL ACCESSパーミッションが必要)を生成します。生成したAPI keyをプラグインに設定します。
    API keyの設定
  • メール設定
    FromおよびToフィールドを設定します。
  • テンプレート設定
    SendGridのTemplate Engine機能でテンプレートを編集します。詳しい手順はこちらを参照してください。
    テンプレートの設定
    テンプレートの編集が完了したら、プラグインの設定画面で「テンプレートの取得」ボタンを選択してテンプレート一覧を取得し、テンプレートを選択します。テンプレートのTEXTおよびHTMLパートが表示されるので内容を確認します。
    テンプレートの取得
  • 置換設定(オプション)
    「Substitution Tagの追加」ボタンを選択して置換用のタグと対応するkintoneフィールドを設定します。以下は、メール本文中の「|name|」タグをkintoneの姓フィールドの値で置換してメールを送信する例です。
    置換設定(オプション)

設定が完了したら「保存」ボタンを選択して設定を保存します。

STEP4:プラグインを利用してメールを送信する

  • レコードを登録します。
    レコードの登録
  • 一覧画面でレコードの絞り込みを行ない、テンプレートを選択して「Mail Send」ボタンを選択してメールを送信します。
    送信確認
    送信完了
  • 本文内のタグがkintoneのフィールドの値で置換されたメールが送信されます。
    受信メール

さいごに

kintoneはそのままでも便利なサービスですが、他の様々なサービスと組み合わせるとその魅力が増します。このプラグインもそういったお手伝いができればいいな、という思いで作成してみましたので是非お試しください。