先端的なメール活用事例を学ぼう! Send With Confidence Tour 2018 Tokyoのご案内

Send With Confidence Tour 2018 Tokyo

SendGridサポートエンジニアの菊田(@kikutaro_)です。

10月23日(火)、米国からSendGrid社のメールエキスパート3名を招いてSend With Confidence Tour 2018 Tokyoを開催します!

メールビジネスの最前線で活躍するメンバーから最新のトピックやベストプラクティス、ユーザ事例の話を直接聞けるチャンスです。セッションは同時通訳もあるので、英語はちょっと…という方も安心してご参加ください!

SendGrid社のメンバーによる発表は次の3つです。

Irresistible Email (魅力的なメールの作り方)

SendGrid社 Carly Brantz
Carly Brantz
Carlyは2013年に弊社がSendGrid社のパートナーとなった際に祝辞のブログを書いてくれたメンバーで、実に5年ぶりの来日となります!

魅力的なメールとは何でしょうか?デザインがカッコイイこと?内容が充実していること?などなど、色んな要素が考えられます。Carlyのセッションでは、魅力的なメールを作る上で重要な要素について、実例を交えながら解説します。

SendGrid社のVP of Revenue MarketingであるCarlyは、メール到達性やインバウンドマーケティングに15年以上携わってきたベテランです。彼女の話はきっと、みなさんのメールをさらに魅力的なものにしてくれるはずです!

Why Email Wins in a Crowded Market (なぜ今メールが重要なのか)

SendGrid社 Len Shneyder
Len Shneyder
LenはSendGrid社のVP of Industry Relations として、Send With Confidence Tourをはじめ世界中の様々なイベントに登壇して、ベストプラクティスの普及活動を行っています。そんなLenが今回はじめて日本で発表をしてくれます!

SendGrid社のメール送信通数は1日15億通、月間450億通で現在も増え続けています。その裏側にはどんな背景があるのでしょうか?Lenのセッションでは、なぜ今メールが重要なのか、どのような所がポイントとなるのか、SendGridが持つ豊富なデータにもとづいて解説します。

事例紹介

SendGrid社 Brian Albers
Brian Albers
SendGrid社のPartner Success ManagerであるBrianからは米国SendGrid社の先端的な取組み・事例をご紹介します。世界ではどのようなメール活用事例があるのか、最新のトピックを交えてお伝えします。

セッション内容に興味がある方は是非こちらのイベント登録サイトからお申込みください!イベント終了後の懇親会も毎回好評ですので、奮ってご参加ください。

イベントの雰囲気を知りたい、という方は過去のイベントレポートをご確認ください。