メールマーケティング用の宛先リストを増やす:6つのTips

メールマーケティング用の宛先リストを増やす:6つのTips

この記事は Growing Email Marketing Lists is Hard: 6 Tips That Can Help の抄訳です。

メールの宛先リストを増やしたいという場合(メールマーケティング担当者なら誰だってそうだと思いますが)、リストの購入やレンタルという手っ取り早い方法が魅力的に映ることもあると思います。実際、私が話したことのあるメールマーケティング担当者のほとんどが、少なくとも一度はそれをしたことがあると言っていました。どうやら、上司がメールリストのサイズに関するノルマを課していたことが原因の1つのようです。

リストを購入またはレンタルすべきではない理由については、先日投稿したブログ記事 絶対NG!宛先リストを購入すべきでない3つの理由 の通りです。しかしながら、正しい方法で、なおかつあまり多くのリソースを割くことなく、リストを増やしていくにはどうすれば良いのでしょうか?

そこで、SendGridではインタラクティブなメールガイド、How to Grow Your Email Marketing List を作成しました。以下の6つの正しいステップを実践することで、よりエンゲージメントも質も高い(そして利益につながる)宛先を獲得していくことができるでしょう。

1. メールアドレスの登録方法を複数用意する

サインアップの機会

顧客や潜在顧客がメールの受信を希望したところで、登録方法が見つからなかったとしたらどうでしょうか?登録フォームがどこにあるかよく分からない、というケースが非常に多いです。登録方法や登録することによって得られる価値について、使えるものを総動員して伝えましょう。

お薦めなのが「サンキューページ」です。製品やサービスにエンゲージした顧客に対し、メルマガ配信をしていることを伝え、関係構築に繋げていきます。最も重要なことは、登録することによって得られる価値をきちんと説明することです。メールのサンプルも提示しておくと尚良いでしょう。

2. オプトイン用のページを最適化する

メール購読申込ページのポイントは、Less is more(少ないに越したことはない)です。メールのパーソナライゼーションに必要な情報は取得しつつ、登録手順は可能な限りシンプルに。徐々に情報を集めていくプログレッシブプロファイリングを活用するのもおすすめです。最後に、登録してもらえたらちゃんと感謝を伝えましょう。

3. よく練られたウェルカムメールを送る

メールアドレスを登録してもらえたら、次はそのエンゲージメントを維持しなくてはいけません!最も良いのは、よく考えられたウェルカムメールをいくつか送信することです。製品やサービスの紹介、有益なTips、お得情報などを提示しましょう。SendGridのウェルカムメールクイズで、正しく実施できているかもチェックしてみてくださいね。

4. 価値のあるコンテンツを提供する

購読者を維持することは、購読者を増やすことと同じぐらい重要です。そのためには、面白いコンテンツや新しい情報を常に提供し続けることです。メールを送信すること自体を目的としていはいけません。受信ボックスは沢山のメールでごった返していて、開封されるか、リンクがクリックされるか、常に他のメールと激しく競い合っている状況です。この混雑の中を通り抜ける唯一の方法は、魅力的な宣伝文句、価値のある提案、件名といったもので抜きん出ることです。自分にできる最高のコンテンツを作成し、自身と購読者の双方に利益をもたらしましょう。

Preference Center(メールの受信設定)

5. 受け取るメールの設定を購読者が自分で変更できるようにする

メールマーケティング施策における最も有効なツールの1つが、Preference Center(受信するメールの設定ページ)です。Preference Centerがあれば、「どのぐらいの頻度で受け取るか」「どんなコンテンツを受け取るか」といった設定を自分で変更できます。エンゲージメントを維持し、ロイヤルな購読者を獲得するには、このように受信者の声に沿うことが必要です。

6. メールをちゃんと届ける

購読者が増えると、当然送信するメールの量は増えます。しかし、受信ボックスへは逆に届きにくくなります。だからこそ、それをちゃんと届けられるようにSendGridのようなESP(メール配信のエキスパート)が存在しているのです。購読者のエンゲージメントは最重要事項ですが、それもメールを届けることができればこそです。マーケティング担当者は得てしてデザインやコンテンツに注力しすぎる傾向があり、もちろんこれらはとても重要なことなのですが、それと同じぐらいメール送信インフラや送信レピュテーションも重要なのです。

メールの宛先リストはすぐには大きくなりませんが、上述のTipsやHow to Grow Your Email Marketing Listで推奨されている方法を実践すれば、リストは増え、エンゲージメントも上がっていくはずです。ただし、メールを受け取る人のことを第一に考え、エンゲージメント指標に適切に対応することを忘れないようにしてください。購読者はボス(上司)です。購読者第一主義でそのように接すれば、リストは減ることなく成長し、皆ハッピーになることでしょう。もちろん、あなたの本当のボスも。😉