メール送信チュートリアル【まとめ】

メール送信チュートリアル【まとめ】

SendGridの最も基本的な機能「メール送信」について、これまでいくつかの方法をご紹介してきましたが、ここで一旦整理してみましょう。

とりあえずメールを送信してみたい

SendGridのアカウントを取得したら、すぐにでもメールを送信してみたいですよね?これらは面倒な環境構築をすることなく、すぐにお試しいただける方法です。

  • はじめてのSendGrid 〜メール送信編〜
    マーケティングメールの送信方法です。画面上で「宛先リスト」と「メール本文」を作成し、そのまま送信することができるので、マーケターの方でも簡単にご利用いただけます。
    後半、telnetでの送信サンプルについても少しご紹介しています。

  • SendGrid Web API【入門】
    Web API の概要と、このAPIを手軽にお試しいただけるツールをご紹介しています。このツールを使えば、画面上から簡単にメールを送信することができます。最も手軽でシンプルな方法です。

SendGridの公式ライブラリを使ったメール送信

SendGridでは、ほぼ全ての機能をAPI経由で利用することができます。様々な言語やプラットフォーム向けのライブラリも提供されており、簡単にシームレスな連携を実現することができます。

以下の「SendGridの公式ライブラリを使ってメールを送信する」シリーズでは、メール送信のサンプルコードをご紹介しています。

是非こちらの Dockerを使ったSendGrid公式ライブラリ実行環境の構築 と併せてご覧ください。

便利な『Webhook』機能

メールに関する各種イベントをリアルタイムかつ手軽に処理するため、SendGridでは『Event Webhook』と『Parse Webhook』という2種類のWebhook機能をご用意しています。イベント情報をストアしたりメールを受信したり、色々なことに使える便利な機能なので、ぜひご活用ください。

この他にも、Thunderbirdのようなメーラーからの送信や、PostfixのリレーホストとしてSendGridを設定するなど、様々な方法があります。詳しくはドキュメントをご参照ください。

関連記事