IPレピュテーション vs. ドメインレピュテーション【入門】

IPレピュテーション vs. ドメインレピュテーション【入門】

この記事は Email Reputation 101: IP Reputation vs. Domain Reputation の抄訳です。

メールの到達率は、電子署名がされているか、リストをクリーンに保っているか、望まれるコンテンツを送っているか、レピュテーションが高いかなど、多くの要因によって決まります。
レピュテーションは、あなたが正当な送信者かどうかをISPが判断するときの指標となります。メールキャンペーンを実施するたび、適切な送信プラクティスに従っているかISPにチェックされています。
レピュテーションには、IPレピュテーションとドメインレピュテーションの2種類があります。この2つの違いと、なぜ両方に注意を払わなくてはいけないのかについて見ていきましょう。

IPレピュテーション

メールの送信元を一意に識別するものとして『IPアドレス』があります。共有のIPアドレスからメールを送信する企業もありますが、これは複数の企業が同じIPアドレスからメールを送信するということです。大量のメールを送信する場合、普通は自分の組織が保有している固定IPアドレスから送信します。固定IPアドレスを使うことで、他の送信者の不適切な振る舞いに影響されることがなくなるため、IPレピュテーションをコントロールしやすくなります。
共有IPアドレスと固定IPアドレスの違いについて、詳しくはこちらの記事(英語)をご覧ください。

ドメインレピュテーション

ドメインレピュテーションは、IPアドレスではなく、送信元ドメインベースの指標です。つまり、ISPのフィルタリングの判定ではブランド(ドメイン)が優先されるということです。
IPv4からIPv6への移行に伴い、ドメインレピュテーションへの関心が高まりました。ドメインレピュテーションはまだ一般的な技術ではありませんが、(Gmailが強く支持する)IPv6では必須とされていることもあり、完全にIPv6に移行されるまでIPレピュテーションとドメインレピュテーションを併用するISPが出てきました。

レピュテーションの引き継ぎやすさ
これまでに築いた高いレピュテーションを失うことなく、柔軟に新しいIPアドレスを追加したり、IPアドレスを移行したり、ESP(Email Service Provider)を変更したりしたいと考えている送信者にとって、『レピュテーションを引き継ぐ、持ち運ぶ』という考えは非常に魅力的です。そこで新しいフィルタリングの方法として作られたのが、ドメインレピュテーションという考え方です。ドメインレピュテーションでは、ドメイン全体のレピュテーションがフィルタリングメトリクスとして使用されるため、新しいIPアドレスのウォームアップは必要なくなります。(※IPレピュテーションでは、IPアドレスやESPを乗り換えると全てのレピュテーションの履歴とデータを失ってしまいます。)
ドメインレピュテーションで最も重要なのは、レピュテーションが下がったからといってIPアドレスを変更するという方法は使えないという点です。誤ったメール送信をしてしまうと、これまで以上に色々な方面で自身のドメインレピュテーションやブランドに影響してきます。だからこそ、正しくメールを送信することが重要になってきます。

正しくメールを送信し、確実に相手に届けるために。Email Deliverability Guide も是非ご覧ください。