新ポータルがリリースされました

2015年7月7日にSendGridの『新ポータル』がリリースされましたが、もうお試しいただけましたか?

インタフェースの一新

SendGrid社のこれまでのノウハウを元に、全てのお客さまに快適にご利用いただけるようインタフェースを一新いたしました。
新ポータルがリリースされました

使いやすいUI
使いやすく洗練されたデザインで、メールの作成、送信、分析といった一連のフローが直感的に操作できるようになりました。

バックエンドの刷新
Web APIを再構築しました。新インタフェースの裏側では全て新APIが使用されており、SendGridの全ての機能をプログラマブルにご利用いただけます。

新機能の追加

配信停止グループ(Unsubscribe Groups)の正式リリース
昨年よりベータリリースとなっておりました配信停止管理機能を、正式機能としてリリースいたしました。

独自ドメイン利用(Whitelabel)機能の強化
Domain Whitelabel、Email Link Whitelabel、IP Whitelabelの3つに細分化され、機能強化およびセキュリティ向上を実現しました。

APIキーに対応
APIキーが利用可能になり、SendGridへのアクセスがよりセキュアになりました。

その他
他にも、細かな機能が追加されています。

  • Email Activityでは、直近7日分のデータが確認可能に
  • 親アカウントからサブユーザへの代理アクセスが可能に
  • サブユーザの作成/管理がより簡単に
  • Statisticsで検索できるカテゴリや期間の制限解除
  • Parse Webhook機能の強化

など

新ポータルの概要

それでは各メニューの概要について簡単にご紹介します。詳しい機能や使い方については、ドキュメントをご覧ください。

なお、細かい変更や機能追加はありますが、基本的な機能や考え方は旧ポータルとほぼ同じです。旧ポータルのメニュー名も併記しておきますので、旧マニュアル会員登録が必要)をお持ちの方は参考にしてみてください。

新ポータルのメニュー 概要 参考
(旧ポータル)
DASHBOARD 直近の統計情報と、重要な設定(独自ドメインの設定など)へのリンクなどがあります。
ログイン後、最初に表示される画面です。
Account Overview
MARKETING
Marketing Email マーケティングメール機能です。宛先リストのアップロードから一括配信まで、すべてUI上で操作できます。

※画面や機能は旧ポータルと同じです
※Silverプラン以上またはFreeプランで利用可能
Marketing Emails
TEMPLATES トランザクションメール用の、テンプレートの管理画面です。 Template Engine
STATS 開封、クリック、バウンスなど、各種イベントの統計情報を確認できます。 Statistics
ACTIVITY 送信したメールのアクティビティログです。
メールがいつ届いたか、遅延していないか、なぜ届かなかったのかといったことを確認できます。
Email Activity
SUPPRESSIONS
Global Unsubscribes 配信停止リンクがクリックされたメールのアドレスリストです。

※このリストに掲載されている宛先へのメールはドロップされ、送信されません。
EmailReports > Unsubscribes
Group Unsubscribes 配信停止グループ(※"Unsubscribe Groups"の項目参照)ごとの配信停止リストです。 ASM(β版)
Bounces 宛先が存在しないなど、恒久的なエラーが発生したメールアドレスのリストです。

※このリストに掲載されている宛先へのメールはドロップされ、送信されません。
EmailReports > Bounces
Spam Reports 迷惑メール報告をしたメールアドレスのリストです。

※このリストに掲載されている宛先へのメールはドロップされ、送信されません。
EmailReports > SpamReports
Blocks 一時的なエラーが発生したメールアドレスのリストです。 EmailReports > Blocks
Invalid 無効なメールアドレスのリストです。

※このリストに掲載されている宛先へのメールはドロップされ、送信されません。
EmailReports > InvalidEmails
Unsubscribe Groups 定期的に送信するメール(領収書、ソーシャル系の通知、アラートなど)ごとに、"Unsubscribe Groups(配信停止グループ)"と呼ばれるグループを作成することができます。
受信者は特定のグループのメールのみを購読停止することができ、受け取りたいメールを細かく制御することができます。
ASM(β版)
SETTINGS
Account Details ユーザ名の確認や、タイムゾーンの設定ができます。

※パスワードの変更はコチラから行なってください。
※NAME、PHONE、COMPANYにはダミー情報が設定されていますが、これが何かに使用されることはありません。
Subuser Management サブユーザの管理画面です。
サブユーザの作成はもちろん、送信通数の制限や、独自ドメイン(Whitelabel)やIPアドレスとの紐付けの設定ができます。

※Silverプラン以上で利用可能
※サブユーザでログインするには sendgrid.com からアクセスしてください(日本サイトからはログインできませんのでご注意ください)。
Subuser Management
Whitelabels
> Overview 送信元ドメイン、リンクURL、IPアドレスのそれぞれで「独自ドメイン」を設定できます。

※既存設定の更新方法についてはこちらをご覧ください。
Whitelabel Wizard
> Domains 送信ドメイン認証 SPF および DKIM で使用するドメインを設定します。
これにより、到達率が向上するだけでなく、差出人欄に「〜経由」のような表示が出ることを防げます。
設定方法はこちらをご参照ください。
> Email Links 開封/クリックのトラッキング用URLを、独自ドメインに変更することができます。これにより、到達率および信頼性が向上します。
設定方法はこちらをご参照ください。
> IPs 送信元のホスト名とIPアドレスを対応付ける機能です。これにより、到達率および信頼性が向上します。
設定方法はこちらをご参照ください。

※Silverプラン以上で利用可能
Alert Settings アラートメールの設定です。
プラン内で送信可能なメール通数が残り少なくなったときにメールで通知したり、統計情報の定期レポートを受け取ることができます。
Alert
Inbound Parse Parse Webhookの設定です。
受信するメールのドメイン名と、データを受け取るエンドポイントを指定します。
Parse Incoming Emails
Mail Settings メール送信に関する設定です。
・Address Whitelist
・BCC
・Bounce Purge
※旧ポータルの EmailReports > Bounces > Settings に該当する機能です。
・Event Notification
・Footer
・Forward Bounce
※旧ポータルの EmailReports > Bounces > Settings に該当する機能です。
・Forward Spam
・Legacy Email Template
・Plain Content
※旧ポータルの Global Settings に該当する機能です。
・Spam Checker
Apps
Partners 外部サービス連携の設定です。
・SendGrid for New Relic
・sendwithus
Tracking トラッキング関連の設定です。
・Click Tracking
・Google Analytics
・Open Tracking
・Subscription Tracking
API Keys APIキーを発行できます。
アプリケーションやWebサイトからSendGridにアクセスする際、ユーザ名やパスワードの代わりに、APIキーを使って認証することができます。
Credentials クレデンシャル(認証情報)を追加できます。

※追加したクレデンシャルでログインするには sendgrid.com からアクセスしてください(日本サイトからはログインできませんのでご注意ください)。
Multiple User Credentials
Multifactor Authentication 二要素認証の設定です。コチラも合わせてご確認ください。 Multifactor Authentication