マーケティングメールに欠かせない、統計データとは?

この記事は Why Stats Matter When Sending Marketing Email の抄訳です。
マーケティングメールとはどういうメールなのか、およびその送信方法については、はじめてのSendGrid ~メール送信編~ をご覧ください。

マーケティングメールを送るとき、その「データ」は非常に重要です。データを理解しなければ、メールがどのように動作しているか、どのように機能しているか分からず、優れたマーケティングを実施することはできません。

SendGridの Marketing Email では様々な統計データを提供しており、送信したマーケティングメールのパフォーマンスを把握することができます。SendGridが提供する統計データとしては、以下のものがあります。総クリックスルー率(TCTR)という指標は、最近追加されました。

NL-Stats-Data

  • Requests = リクエスト数
  • Delivered = 配信数 / リクエスト数
  • Opens = 総開封数 / 配信数(メール開封率)
  • Unique Opens = ユニーク開封数 / 配信数
  • Clicks = 総クリック数 / 配信数
  • Unique Clicks = ユニーククリック数 / 配信数
  • CTR = ユニーククリック数 / ユニーク開封数(クリックスルー率)
  • TCTR = 総クリック数 / 総開封数(総クリックスルー率)
  • Spam Reports = 迷惑メール報告数 / 配信数
  • Repeat Spam Reports =リピート迷惑メール報告数 / 配信数
  • Unsubscribes = 配信停止リクエスト数 / 配信数(オプトアウト率)
  • Bounces = バウンス数 / リクエスト数
  • Repeat Bounces = リピートバウンス数 / リクエスト数
  • Invalid Emails = 無効なメールの数 / リクエスト数

これらの指標は何を意味するのでしょうか?また、なぜそれを気にしなければいけないのでしょうか?それぞれの指標の概要を以下で説明します。よりテクニカルな詳細については、ドキュメント をチェックしてください。

Requests(リクエスト)

SendGridへのメール送信リクエストの数です。

Delivered(配信)

送信リクエストのうち、SendGridによって実際に配信されたものの数です。残念ながら、全てのリクエストが受信トレイに到達する訳ではありませんが、SendGridは高い配信到達性を誇っています。なお、Deliveredはメッセージが受信サーバに受け付けられたという意味であり、必ずしも受信者の受信トレイに到達したことを意味するものではないことにご注意ください。
Requestに対するDeliveredの割合が低い場合は、ISP(インターネット接続事業者)によって迷惑メールだと判定されてしまうようなメールを送信していたり、宛先リストの中にバウンスが発生するようなメールアドレスがあるのかもしれません。もしくは、その他の理由でメールがISPで配信されずに遅延しているのかもしれません。ISPは非常に複雑なので、この問題の解決はなかなか厄介です。お困りの際はSendGridサポートにご連絡ください。原因を特定するのにお役に立ちます。

Opens(開封)

配信されたメールの開封数です。この統計では、受信者がメールを3回開けば、3回カウントします。総開封率が低い場合、メールの件名を改善する必要がありそうです。総開封率が高い場合、ユーザがそのメールを何度も開くほど興味深い内容だったと考えられます。こうしたメールは到達率も非常に高いことが多いでしょう。

Unique Opens(ユニーク開封)

配信されたメールのユニーク開封数です。この統計では、1人の受信者がメールを3回開いた場合は、1回のみカウントします。ユニーク開封率が低い場合も、メールの件名を改善する必要がありそうです。ユーザのエンゲージメントに影響する要因は、上記Opensと同様、コンテンツ、メッセージの関連性、送信頻度などです。

Clicks(クリック)

メール本文中のリンクの総クリック数です。総クリック数が少ない場合、メールの本文中のリンクの数が多すぎるか、そのリンクが受信者の興味を引かないものであったと考えられます。逆に総クリック数が多い場合、内容が魅力的で、リンクをクリックしたいと思わせるものであったと考えられます。

Unique Clicks(ユニーククリック)

メール本文中のリンクのユニーククリック数です。ユニーククリック率の評価ロジックについては、上記Clicksの場合と同様です。

CTR (Click Through Rate)(クリックスルー率)

ユニーククリック数をユニーク開封数 で割ったものです。CTRが低い場合、メールの件名と本文を見直した方が良いでしょう。CTRが高い場合は、ユーザからのコンテンツへの評価が高いことを表しています!

Spam Reports(迷惑メール報告)

迷惑メール報告率が高いということは、送信したメールの多くが迷惑メール報告されているということです。迷惑メール報告対策として、米国CAN-SPAM法の項目の遵守が有効です。こちらの動画もぜひご覧ください。

Repeat Spam Reports(リピート迷惑メール報告)

リピート迷惑メール報告率が高い場合、送信したメールの多くが、各受信者に何度も迷惑メール報告されていることを意味しています。彼らはなぜこんなことをするのでしょうか?もしかしたら、お客様のことを迷惑メール業者だと疑っていて、一切のメールを受け取りたくないのかもしれません。もしくは、メールを送りすぎなのかもしれません。米国CAN-SPAM法の項目や、こちらの動画の注意点などにそって、コンテンツや件名を確認してください。

Unsubscribes(配信停止)

配信停止リクエスト率が高いということは、送信したメールがユーザにとって面白くないということを意味しています。次の3点を見直してください。
配信先:誰に送信しているのか?ターゲット層は正しいか?宛先リストのセグメント化は正しく行なったか?
コンテンツ:どんなコンテンツを伝えるのか?コンテンツのクオリティは十分か?
配信日時:いつメールを送信しているのか?不適切な時間帯に送信していないか?

Bounces(バウンス)

バウンスとは、ISPが受信者にメッセージを配信できなかったことを意味します。高いバウンス率は、IPアドレスのブラックリスト入りにつながるため、この統計には注意を払ってください。バウンスが発生する理由はいくつかあります。よくあるバウンスコードについてはこちらをご覧ください。

Repeat Bounces(リピートバウンス)

リピートバウンスとは、ISPが受信者にメッセージを配信できないことが複数回起きたり、バウンスが発生する特定の宛先に対し複数のメールを送信したことを意味します。高いバウンス率はIPアドレスのブラックリスト入りにつながることがあるため、この統計には注意を払ってください。バウンスが発生する理由はいくつかあります。よくあるバウンスコードについてはこちらをご覧ください。

よくあるバウンスコード

バウンスコードはISPによって異なります。これらはほんの一例です。
コード 意味
421 Service not available, closing transmission channel
サービスが利用できません。TCPコネクションを切断します。
450 Requested mail action not taken: mailbox unavailable (e.g., mailbox busy)
リクエストされたコマンドは実行されませんでした。メールボックスが利用できません。(例:メールボックスがビジー状態であるなど)
451 Requested action aborted: error in processing
リクエストされたコマンドは実行されませんでした。処理中にエラーが発生しました。
452 Requested action not taken: insufficient system storage
リクエストされたコマンドは実行されませんでした。空き容量が不足しています。
500 The server could not recognize the command due to a syntax error.
構文エラーのため、コマンドを認識できません。
501 A syntax error was encountered in command arguments.
コマンド引数の構文エラーです。
502 This command is not implemented.
サポートされていないコマンドです。
503 The server has encountered a bad sequence of commands.
コマンドの実行順序が不正です。
504 A command parameter is not implemented.
サポートされていないコマンドパラメータです。
550 User’s mailbox was unavailable (such as not found)
宛先のメールボックスが利用できません(存在しないなど)。
551 The recipient is not local to the server.
宛先のユーザが存在しません。
552 The action was aborted due to exceeded storage allocation.
ディスク容量不足のため、そのコマンドは実行できませんでした。
553 The command was aborted because the mailbox name is invalid.
メールボックスの名前が無効なため、このコマンドは実行できませんでした。
554 The transaction failed for some unstated reason.
トランザクションが何らかの原因で失敗しました。


Invalid Emails(無効メール)

無効メール率が高い場合、ISPがSendGridに対して、送信されたメールが不正であると報告したか、もしくはSendGrid自身のアルゴリズムによってそのメールが不正であると認識したことを意味しています。正当なメールアドレスに送信しているか、宛先リストをよく確認してください。

まとめ

SendGridは、マーケティングメール配信の複雑さを深く理解しています。メールの到達率には様々な要素がからんでおり、SendGridはそれらを扱うエキスパートです。メールデータやメールの統計に関する質問がある場合はご連絡ください!そして、現在ご利用のメールプロバイダの到達率に満足出来ない場合、我々がお手伝いいたします!まずは 無料プラン(無期限)をお試しいただき、SendGridがあなたにぴったりのサービスか、お確かめください。